【フリーター脱出】経験を活かせるフリーター就職NAVI

*

フリーターから就職を目指すあなたが抱えている“試用期間に関する不安”を一掃!

   

「試用期間あり」に怯えるな

 「試用期間って何…?」、「この期間中は簡単に解雇されてしまうの?」、「試用期間中はちゃんとしたお給料が貰えないの?」「試用期間あり」という文言を求人の中に見つけると、こうした不安を抱いてしまうのも仕方のないことかもしれません。しかも、試用期間中の待遇などの詳細が書かれておらず、情報が少なければ少ないほど、不安は大きくなっていくでしょう。

 でも、この「試用期間あり」という文言にそこまで怯える必要はありません。企業にとって、そしてもちろん就職する人にとって当たり前のことであると受け止め、誰もが経験する期間であると考えておいて問題ないのです。

「試用期間あり」だけで納得するな

 就職すれば誰もが経験する試用期間。しかし、だからといって求人に記載されている「試用期間あり」の文言に簡単に納得してしまってもいけません。その試用期間には必ず具体的な内容が存在しており、就職する人にとってはそれこそ重要なものとなるからです。

 求人情報にはスペースの問題や会社の都合で試用期間の詳細を記載していないところもあるでしょう。それを必ず確認し、会社から具体的内容を示してもらった上で雇用契約を結ばなければなりません。

 具体的内容とは、試用期間の長さ、試用期間中の給与を含めた待遇・条件、試用期間終了のタイミングや基準などのこと。少なくともこれらだけは確認してから入社を決めてください。

試用期間中に会社のことを見極める

 試用期間とは何か、について説明すると、「企業側があなたのことを見極める期間」となるでしょう。あなたの持っている能力や資質、性格や思考などを試用期間中に会社はチェックすることになります。

 一方で、試用期間中はあなたも会社のことをチェックする意識を持っていなければなりません。もし試用期間中、会社があなたに対して不当な扱いをしたり、あなたの同意なく試用期間を延長しようなどとすれば、その会社を見限り退職することも考えなければならないのです。

 退職の手順はしっかりと守る必要がありますが、仕事に追われるだけではなく、その中であなた自身もあらゆるところに焦点を当て、冷静な判断をすべきなのかもしれません。

【関連記事】
軽視できない入社直後の挨拶
入社直前のチェックポイント
無駄に過ごしたくない内定後の時間

 - 入社準備

  関連記事

無駄に過ごしたくない内定後の時間

アルバイト先との調整は?  内定後の時間を無駄に過ごすのはやめましょう。入社まで …

軽視できない入社直後の挨拶

入社の挨拶を考えておきたい理由  入社が決まれば、あとは行き当たりばったりでもな …

入社直前のチェックポイント

企業のこと、チェックしておかないと!  入社がほぼ決定的となったら、うかれるのは …

  • defenseless