【フリーター脱出】経験を活かせるフリーター就職NAVI

*

履歴書の書き方とポイント

   

①履歴書作成のポイント
履歴書は応募書類として非常に重要な書類です。そのため、履歴書が正しく作成できないと就職できない可能性が高くなります。

「履歴書作成のコツ」
・空白は作らない
・年号は統一する
・志望動機などはできるだけ多く書く

 基本的なことですが、空白は作ってはいけません。内容によっては記入しづらい項目もあるかもしれませんが、それでも記入してください。ただし、資格などが何もない人は記入することがありませんので、その際には特になしなどと記入しましょう。また、職歴や日付などの年は統一してください。バラバラで記入すると統一感がなくなり、見た目がおかしく感じてしまいます。

②志望動機、自己PRの書き方
 履歴書で最も大事なのが、志望動機や自己PRです。採用担当者はなぜ自社に入りたいのか、自社に入社することでどんなメリットがあるのかといった部分を知りたいのです。そのため、より具体的にアピールする必要があります。志望動機は、ありがちな言葉を使うのではなく、自分の言葉で入りたい理由をしっかり記入しましょう。採用側は何人もの応募者を見てきていますので、どこからか引用した言葉というのはすぐに見抜きます。また、自分の良さをアピールしてください。これから応募する会社の業務形態に応じて、自分の長所で何が活かせるかを把握することで、自己アピールへとつなげましょう。

③アルバイトしか経験していない場合の職務経歴の記載方法とは?
 フリーターとしてこれまでアルバイトしか経験がない方でも、場合によっては職歴として記入するのが良いです。基本的にアルバイトは職歴として記入しないのが一般的ですが、仮にアルバイトとして何年も経験している場合や、そのアルバイトでリーダーとしてまとめていたなどの経験がある場合には、それを伝えることでアピールとなるでしょう。ただし、アルバイトをいくつも転々としているような場合には、記入しないほうが良いです。ただし、面接時には空白の期間を何をしていたか聞かれるケースがあります。その時にはしっかりと答えられるように準備はしておく必要があります。基本的には職歴としてカウントはしませんが、状況によっては記載してください。

 - 履歴書の基本

  関連記事

af0100041011l
履歴書の写真を撮るとき注意点

①履歴書の写真はスピード写真でも良い?  フリーターが正社員として就職するために …

a0002_011006
市販の履歴書の正しい選び方

①市販の履歴書は全部一緒ではない  フリーターからの脱出のために就職を考えている …

記載内容とともに気にしておきたい履歴書のフォーマット

書く内容で選別したい履歴書のフォーマット  アルバイトの応募をする時には、できる …

見られるポイントがわかっていれば書類選考は怖くない

バイトの経歴も見られるポイントのひとつ  何も考えずに履歴書を書いてしまうから、 …

履歴書の良し悪しは志望動機次第?

履歴書の要と位置づけられる志望動機  就職活動をする時に、企業に提出する応募書類 …