【フリーター脱出】経験を活かせるフリーター就職NAVI

*

自分に合った職種を見つける3つの方法を紹介します!

   

職種の徹底した研究・調査を

 就職するためには、職種を選ばなければなりません。どんな仕事であっても就職できればいいと考えるのであれば、特にこの選択は必要ありませんが、就職してから「自分には合ってなかった」と言って辞めてしまったら意味がありませんよね。そうならないために、就職前に自分に合った職種を見つけ、選択しなければならないのです。

 自分に合った職種を見つけるためには、それぞれの職種についての知識がなければ話になりません。全ての職種を調べるのは難しいでしょうが、興味のある職種を幾つかピックアップし、それらの職種について徹底して研究・調査を行いましょう。

 仕事内容はもちろん、どのような適性が必要で、どのくらいの収入が得られるのかなど、あらゆる視点で調べておかなければなりません。

試してみよう!ネットの適職診断

 インターネット上には、「適職診断」なるものが存在しています。各求人サイトが展開しているものが多いでしょうか。それ以外にも今すぐに利用できるこの手のサービスは溢れていますから、いろいろと試してみるといいと思います。

 予想通りの診断結果が出れば、その職種に絞り込めばいいわけですし、予想外の診断結果が出れば、視野が広がったと思い新たな選択肢として加え、自分に本当に合っているのかをもう一度考えてみてもいいでしょう。何の手がかりもないと悩む人にとっては、自分に合った職種を見つけるキッカケに必ずなってくれるはずです。

詳細で正確な自己分析を

 自分に合った職種を見つけるには、職種はもちろんですが、自分自身のことを知らないとどうしようもない。いわゆる自己分析と呼ばれる作業を徹底して行ってみてください。

 性格によって合う職種もあれば合わない職種もあります。自分が何に興味を持っているのかも重要なポイントとなりますし、自分が持っている知識や能力といったものによっても、適職は変わってくるでしょう。自分に合った職種がわからないと嘆く人は、自己分析が足りない可能性が高い。まず最初に取り組まなければならないのは、自分のことを掘り下げる作業なのかもしれません。

【関連記事】
求人情報媒体選びで変わるかもしれない就職活動
できればしておきたい業界動向のチェック
就職サイトの求人票を閲覧する時のポイント

 - 求人情報

  関連記事

求人情報媒体選びで変わるかもしれない就職活動

バイト探しとは異なる求人情報媒体  アルバイト先を探す時には、どのような求人情報 …

就職サイトの求人票を閲覧する時のポイント

求人票に書かれている内容を疑ってみる  就職に失敗したくないと思うのであれば、就 …

できればしておきたい業界動向のチェック

業界動向を調べる方法とは  面倒に思うかもしれませんが、求人情報を集めると同時に …