【フリーター脱出】経験を活かせるフリーター就職NAVI

*

5つのステップを大切に就職活動に挑もう!

 就職活動では何を一番に考えて行動すべきなのか、それは就活の各ステップに存在しており、正社員になりたいなら知っておかなければならないことでもあります。それを知っていると就職活動が楽しくなるかもしれません。全ての行動が自分のためになると考え、楽しみながら正社員を目指してみましょう。

自分を知れば目標も計画もたてやすくなる

 自分のことを知るのは、実は楽しいこと。目標や夢ができれば、それも楽しさへと直結するはず。こうした余裕のある心を持っておくことは就職する上では重要なことなのです。楽しみながら自己分析や目標の設定、そして就職活動のスケジュール作成を行ってください。

【参考記事】
就職活動は計画を立ててから
就職に失敗しないためにしておきたい企業研究
就職活動に要する期間を考えよう
社会人になったら体調管理はできて当然

求人情報は企業との出会いだと思うことが大事

 さまざまな企業や業界を知る作業も、楽しみながら行うこと。そうすれば求人の至るところに目がいき、特定の条件や魅力だけに固執しなくなります。もちろん就職サイトなどの媒体の力を借りることも積極的に考え、恋愛のように、恋するような企業や業界の求人情報と出会えることを楽しみにしながら収集を続けてみましょう。

【参考記事】
求人情報媒体選びで変わるかもしれない就職活動
できればしておきたい業界動向のチェック
就職サイトの求人票を閲覧する時のポイント
自分に合った職種を見つける3つの方法を紹介します!

フリーターの経験も応募書類に活かしましょう

 フリーターの強みとは何でしょうか。それは、社会との繋がりが意外と多いことです。アルバイトをしているわけですから、立派にお金を稼ぎ、そのバイトに必要なスキルは身につけているはず。それを言葉に直して履歴書や職務経歴書に書き込めば、あなたの魅力は必ず伝わります。

【参考記事】
履歴書の良し悪しは志望動機次第?
見られるポイントがわかっていれば書類選考は怖くない
記載内容とともに気にしておきたい履歴書のフォーマット

面接官では気持ちを伝える努力をしよう

 アルバイトをしている人は、面接対策も意外と上手いものです。例えバイトだっとしても、その仕事に誇りを持ち、転職のような気持ちで面接に臨んでみましょう。このように前向きになればそれが雰囲気にも現れ、働くことの楽しさというものも自然と伝わるはず。こうした雰囲気が採用を左右するのも確かなことなのです。

【参考記事】
面接での自己紹介の構成と注意点
長所と短所で自分をアピールしてみよう
効率良く、意味のある面接対策を

入社までの準備は時間を有効に使いましょう

 バイトをしながら就職活動に励んだ人は、退職活動が待っています。バイトでも事前に退職の意志を伝え、引き継ぎや次のバイトが見つかるまで仕事を続けることはとても重要。と、同時に入社準備もしておきましょう。時間を有効に使い、やれることからやっておくと、後が非常に楽になります。

【参考記事】
軽視できない入社直後の挨拶
入社直前のチェックポイント
無駄に過ごしたくない内定後の時間
フリーターから就職を目指すあなたが抱えている“試用期間に関する不安”を一掃!

公開日:
最終更新日:2015/10/22